header icon「ミャンマーレンタカー」の最新車エントリー

レクサス Unknown
5 人乘り
車状況: とてもいい

ヤンゴン管区
ヤンゴン 市
車+運転手+燃料
330,000 Ks / 10 時間


トヨタ アルファード
8 人乘り
車状況: とてもいい

ヤンゴン管区
ヤンゴン 市
車+運転手+燃料
100,000 Ks / 10 時間


現代 BUS
11 人乘り
車状況: いい

ヤンゴン管区
ヤンゴン 市
車+運転手+燃料
66,000 Ks / 10 時間


トヨタ ベルタ
5 人乘り
車状況: いい

ヤンゴン管区
ヤンゴン 市
車+運転手+燃料
45,000 Ks / 10 時間


ホンダ FIT
4 人乘り
車状況: とてもいい

ヤンゴン管区
ヤンゴン 市
車+運転手+燃料
45,000 Ks / 10 時間


トヨタ アルファード
8 人乘り
車状況: いい

ヤンゴン管区
ヤンゴン 市
車+運転手+燃料
77,000 Ks / 10 時間


header icon「ミャンマーレンタカー」からの大事なお知らせ

1. 弊社のウェブサイトにご掲載のレンタカー料金は、ローカルのミャンマー人向け料金そのままの設定となっております。

2. 弊社は、お客様を車主に紹介し、外国人お客様でもローカル料金でご利用できます。弊社はお客様から10%のサポート費用だけ頂きます。 (ミャンマーでは、旅行会社やホテルなどに車を頼むと、通常はローカル料金の2倍以上となっています

3. 弊社ご紹介のレンタカーは、常に安全運転を心がけています。 ミャンマーでは、車保険制度がないに等しいため、万が一の事故の場合、弊社及び車オーナーは、 お客様の怪我・損失について、責任を持つことができません。 外国人の方は、ミャンマーに入る前に、本国にて生命・傷害・旅行保険などにご加入するよう、強くお勧めします。

header icon「ミャンマーレンタカー」とは

ミャンマーの車はとても高価で、2013年現在、10年落ちの中古車は日本の新車並みの値段がします。 ミャンマー道路事情は非常に悪く、最大都市ヤンゴンでも信号が整備していません。さらに、保険制度もありませんし、 ミャンマーの交通マナーもよろしくないです。(詳しくは、ミャンマーの車事情をご参照...)

上記のミャンマー車事情により、多くの外資企業・駐在員は、 ミャンマーでは車を所有せず、レンタカー・車リース(ハイヤー)を使うのが一般的です。

「ミャンマーレンタカー」は、ミャンマー初の車レンタル、車リースのポータルサイトで、英語・日本語・中国語・ミャンマー語で多くの外資系企業、 駐在員たちにリーズナブルな価格でレンタカー、車リース、車ハイヤーをご提供しています。今現在、ヤンゴンにて車レンタルサービスを提供していますが、マンダレー、ネピドー。。。などサービスを拡張していきます。

「ミャンマーレンタカー」ご提供のレンタカー・車レンタル・車リースサービスの一番大きな特徴は、「車+運転手+燃料」の利用形態を設けていることです。 車と運転手と燃料を全部含まれて、ミャンマーの車事情にフィットし、利用者にとって一番便利なレンタカーサービスです。

header iconWhat's new in 「ミャンマーレンタカー」

  • 2013/09/01
    ミャンマー初のレンタカー・車レンタル・車リース専門サイト「ミャンマーレンタカー」が運営開始
  • 2013/09/01
    「ミャンマーレンタカー」はヤンゴンにて車レンタルサービス提供開始

header iconミャンマーのレンタカー、車レンタル、車リース事情

車が高価
ミャンマーでは、車はとても高価なものです。高い関税、車輸入ビジネスの独占、高い登録料金などにより、10年落ちのランドクルーザは3000万円、10年落ちんマークⅡは1000万円でした。

文民政権発足後、門戸開放及び法制の改正により、車価格がだいぶ下がって来ましたが、そのでも2013年現在、10年落ちの中古車は日本の新車並みの値段がします。


道路・信号未整備、保険がない
ミャンマー道路事情は非常に悪いです。ヤンゴン市内でも、でこぼこな道がたくさんあるし、郊外にでれば、道が殆ど舗装していません。 信号の整備も整っていません、中心部の交差点の信号でも、停電により信号機が灯らない場合がしばしばあります。さらに困るのは、信号機が誤作動で、赤青同時に灯る場合もあります。

ミャンマーは、長年の国際社会から孤立により、金融・保険制度も著しく遅れています。車の保険制度は殆どありませんでした。事故の場合、当事者の話し合いで解決します。


交通マナーが悪い
ミャンマーの交通マナーは余りよろしくないです。歩行者より車優先し、車同士でもお互い譲りあう精神が余りないようです。例えば、対向車線を横切って左折する際、対向車線が渋滞し進まない場合でも、左折車のためにスペースを開けてくれません。また、夜は殆どの車がハイビームのライトを照らせて、とても眩しいです。


レンタカー(ハイヤー)の利用が一般的
上記のミャンマー車事情により、外資系企業・駐在員たちは、レンタカーを利用するのが一般的です。レンタカーと言っても、車だけ借りるではなく、「車+運転手+燃料」をセットにして利用するのが一番便利で、日本のハイヤーと言うべきかも知れません。

日単位の利用はもちろん、月契約、年契約も出来ます。外部のレンタカー(ハイヤー)を使うことによって、経費の節約、仕事の効率化を図ることが出来ます。


「車+運転手+燃料」が一番
車だけを借りて、自分が運転すると思う方もいるかもしれませんが、上記の道路・信号事情、交通マナーの悪さ、及び保険制度のないことから、外国人自ら運転するのがとてもお勧めできません。